人生を支える仏教のことば・鈴木大拙講演選集 禅者のことば 2タイトルセット

特別価格で販売中


※【人生を支える仏教のことば】と【鈴木大拙講演選集 禅者のことば】のセット商品となります。



関連商品

人生を支える仏教のことば・鈴木大拙講演選集 禅者のことば 2タイトルセット好評発売中!

さらに詳しい内容は、こちらをクリックしてください。

人生を支える仏教のことば


さらに詳しい内容は、こちらをクリックしてください。

鈴木大拙講演選集 禅者のことば





【セット内容】


【1】人生を支える仏教のことば

―内容詳細―

第一巻(65分)人間を経営する 講師:松原泰道
本来仏教語である「経営」という言葉。それは「修行」という意味を持つ。また、禅語では労働のことを「作務」と言い、この場合の務めとは人のためにするものである。人間として成長し、人に施しを与え幸せにさせることが「経営」である。経営者のみならず、人間として生きていくうえで心に留めておくべき言葉を松原泰道が語る。


第二巻(64分)自己を開発する 講師:奈良康明
「いのち」を燃焼させて生きるプロセスこそが理想的な自己実現の姿である。そのためには、反省と努力が大切である。また、他の人々と関わって生きていく社会の中では相手に対する慈悲心が大切で、慈悲の眼差しで相手に関心を持って接すれば、自分にも同様のことがかえってくると言う。


第三巻(62分)孤独を生き切る 講師:瀬戸内寂聴
人間は生まれてくるときも死ぬときも一人である。それは釈迦や一遍上人など優れた宗教家にも言えることである。孤独を生き切るためには、孤独をなだめて共存するしか方法はないと寂聴氏は語る。


第四巻(59分)驕る心を戒める 講師:西村惠信
仏教界では、この世に存在する物はどんな物でもそれ自体で存在する物はひとつもないとし、それを「縁起」と呼ぶ。そして人間も会社も、永遠不滅なものは無く、日々新たに縁によって作り上げていくものであると言う。さらに禅語の「百尺竿頭さらに一歩進めよ」の精神を忘れず修行することが、上に立つ者として最も立派なことである。


第五巻(68分)逆境を克服する 講師:酒井雄哉
物事がうまくいくには、三つの要素のバランスがとれていることが必要である。それは心と口と体が一つになって初めて物事を成就するということであり、人生についても同様のことが言える。また、「一日一生」を毎日の基本とし、その日を生き、明日はまた新たな自分が生まれてくるという気持ちで過ごすことが大切であると酒井氏は語る。


第六巻(53分)心豊かに生きる 講師:西村公朝
住職であり仏像を修理する仏師でもある西村公朝。生きとし生けるものすべてが仏であるという意味の「衆生ことごとく仏性あり」という言葉をお祝いの際には贈るという。また、仏像を修理した寺は不思議なことに必ず栄えることから、それに倣って、社会で上に立つ人物の心構えを説く。




【2】鈴木大拙講演選集 禅者のことば

―内容詳細―

第1巻 東洋の母なる思想 56分(昭和35年)
「分別」を重んじ、厳しく罪を罰する西洋的な父的社会に対し、東洋には、老子の「無為」の思想に見られるように善悪を超越し、絶対的な母の愛を尊ぶ社会がある。東洋思想の根底にある母的なものを西洋思想との対比によって鮮やかに浮き彫りにし、ゆるやかで人間性に満ちた生活を説いた大拙の真骨頂ともいえる講演。

第2巻 禅の考え方ー頌寿記念講演 65分(昭和35年)
禅宗の考え方の基本に対立する概念を一体としてとらえる考え方がある。苦の中に楽があり、楽の中に苦があるという。自由の中に不自由があり、不自由の中に自由があるという。その考え方を進めてゆくと「煩悩即菩提」という大乗仏教の究極に到達する。すなわち、煩悩と悟りは一体であるという。そして晩年の大拙は、次第に禅宗の考え方を浄土真宗の考え方に近づけようとする傾向が生まれてゆく。

第3巻 念仏とは何か 40分(昭和39年)
念仏とは、南無阿弥陀仏と念ずることではない。仏そのもの、南無阿弥陀仏そのものになることだ、と大拙はいう。浄土門においては、「機法一体」という教えがある。衆生が阿弥陀仏を信ずる気持を「機」といい、阿弥陀仏が衆生を救う力を「法」というが、その二つが一体になることをいう。この言葉が浄土門の教義の重要な言葉になった。大拙が浄土宗、浄土真宗の教えの核心を説いた講演。

第4巻 キリスト教と仏教 55分(昭和39年)
大拙は、キリスト教は「父」の宗教であり、仏教は「母」の宗教であるという。キリスト教では「罪」といい、罪を罰する、罪を蹟うという言葉があるが、仏教ではその概念がなく、仏の「慈悲」の心で許されてしまう。そこにキリスト教の厳しさ、仏教の優しさが表れている。長く欧米で活躍した大拙ならではのキリスト教と仏教の比較宗教論。

第5巻 妙好人 40分(昭和40年)
妙好人とは、浄土真宗の門人が理想とする篤信者のこと。明治から昭和の初期にかけて、浅原才市という妙好人が島根の小浜にいた。船大工をしていたが、仕事の傍ら、カンナくずなどに浄土真宗の領解を書き続け、後にノートに書くようになって数十冊のノートが残った。その浅原才市の生涯をたどりながら浄土真宗の信仰のあり方を語る。

第6巻 対談=鈴木大拙・金子大栄 「浄土信仰をめぐって」 55分(昭和40年))
真宗大谷派の近代教学を築いたといわれている浄土真宗を代表する僧侶、金子大栄師と禅学を代表する大拙との対談。話は浄土信仰をめぐり「弥陀の本願」について、「機根」について、「在家仏教」のことなど、多岐にわたって興味深い遣り取りが続く。

■解説書
■講演解説:上田閑照
■鈴木大拙という存在:寺島実郎
■松ヶ丘文庫の建った前後:古田紹欽
■用語解説・年譜






※【人生を支える仏教のことば】と【鈴木大拙講演選集 禅者のことば】のセット商品となります。

どこよりも最高のサービスを目標にしています。
どうぞお気軽にご連絡ください。

人生を支える仏教のことば・鈴木大拙講演選集 禅者のことば 2タイトルセット
特別価格で販売中


「平凡の友」「平凡の友社」は、安心の全商品「税込価格」表示です。

★商品ご購入は、信頼の「co.jp」のドメイン名の会社でのご購入をお薦めいたします。


「co.jp」ドメイン名は、97%の上場企業に選ばれ、82%の方が、「信用して取引したい取引先候補のドメイン名」として選ばれているサイトです。
平凡社     heibonsha.co.jp
平凡の友社 heibonnotomo.co.jp
平凡の友   heibonnotomo.jp


商品名 人生を支える仏教のことば・鈴木大拙講演選集 禅者のことば 2タイトルセット
定価 32,400円
販売価格 32,400円(税込)
購入数





お電話・FAXでのご注文

商品のご注文方法・お支払い方法について

商品のご注文方法・資料請求について

商品のご注文は、カート・お電話・FAXにて承ります。資料請求は、お電話かファックスで承ります。
FAX・メール・電話にて24時間受け付けておりますので、お気軽にお申し込みください。


お支払い方法について

ショッピングカートから下記を選択いただけます。
・代金引換
・銀行振込
・クレジットカード(クレジットカード決済できます。)
クレジットカード


商品発送までの流れ

1.ショツピングカート・お電話・FAX・メールでご注文
2.在庫の確認
3.商品発送
4.商品到着

カートの中を見る
この度は平凡の友へアクセス頂き、誠にありがとうございます。
お申し込みが簡単に出来るようになりました。皆様にとって、文化・教育・教養・ご趣味などのお役に立つ商品が見つかれば幸いです。
コンテンツもこれから沢山ご用意して参りますので、お時間の許す限りごゆっくりご覧ください。
お電話・FAXでのご注文
rss atom

平凡の友オススメ

  • DVD 白川静 文字講話 DVD完全収録版

    DVD 白川静 文字講話 DVD完全収録版

  • DVD 世界の美術館

    DVD 世界の美術館

  • 平成28年度改訂版 中学生の音楽鑑賞 DVD

    平成28年度改訂版
    中学生の音楽鑑賞 DVD

  • 雅楽 宮内庁 式部職楽部 DVD

    雅楽 宮内庁 式部職楽部 DVD

  • 日本舞踊大全集ー手ほどき解説と実演ー

    日本舞踊大全集ー手ほどき解説と実演ー

  • 回想法のための写真集

    回想法のための写真集

  • ブルーレイ 世界の名画 華麗なる巨匠たち

    ブルーレイ 世界の名画 華麗なる巨匠たち

  • 完全版「日本の民謡」

    完全版「日本の民謡」

  • 節談説教布教大会 全記録

    節談説教布教大会 全記録

  • イタコ 中村タケ

    イタコ 中村タケ

  • 文藝春秋 文化講演会5 時の語りべ

    文藝春秋 文化講演会5 時の語りべ